Cricket

ゴールデン・オールディーズ・ワールド・クリケット・フェスティバル

ゴールデン・オールディーズ・ワールド・クリケット・フェスティバル

ゴールデンオールディーズクリケットは、1984年以来2月にオークランドで最初のゴールデンオールディーズクリケットフェスティバルが開催されて以来、世界のさまざまな地域でプレーされてきました。オーストラリア、ニュージーランド、イングランド、アメリカ、カナダ、ラロトンガ、バミューダのチームがこのフェスティバルは素晴らしい成功を収めました。

ゴールデン・オールディーズ・クリケットの初日は、フェスティバルのオープニング・デーで、34チーム全員がオークランド地区の17のグラウンドで行われました。

フェスティバルに参加したのは、元オーストラリア代表のニール・ハーベイ、サム・トリンブル、ロン・アーチャー元イングランド代表、ジョン・エドリッチとマイク・デネネスから。元ニュージーランド代表のベヴァン・コングドン、バリー・シンクレア、ボブ・クニス、ジョン・スパリング、トレバー・バーバー、ウォルター・ハドリー、バート・サトクリフです。

初めてのゴールデン・オールディズ・クリケットの大会は素晴らしい環境の中でゴールデンオールディーズクリケットにとって忘れられないスタートとなりました。

オークランドフェスティバル以来、ブライトン、ブリスベン、バンクーバー、バーミンガム、ケープタウン、コロンボ、ハロゲート、バルバドス、クイーンズタウン、アデレード、クライストチャーチでは世界的なフェスティバルが繰り広げられています。 34年間の定期的なフェスティバルの後、18回目にはクライストチャーチに戻ります。最後のクライストチャーチフェスティバルは1992年に行われました。

2018年にクライストチャーチに戻りHagely Parkと近くのクラブのすばらしいピッチで試合を行います。クライストチャーチはニュージーランド・クリケットの拠点であり、ニュージーランドクリケット代表する才能のあるハドリー家(ウォルターとその息子のバリー、デイル、リチャード)の故郷である。また、スティーブン・フレミングとグラハム・ダウリングの故郷でもあります。どちらも優勝者であり、ニュージーランドを代表する選手です。

クライストチャーチはクリケットの伝統に浸り、2018年ゴールデンオールディズクリケットフェスティバルの開催に理想的です。

美しい景色の中の良いピッチと真緑のフィールドの上でクリケットらしい環境の中でクリケットを行う所です。