Squash

ゴールデン・オールディーズ・ワールド・ スカッシュ・フェスティバル

ゴールデン・オールディーズ・ワールド・ スカッシュ・フェスティバル
2018年4月15-22日

スカッシュはゴールデン・オールディーズの定番スポーツの一員として クライストチャーチ・カジノ・ゴールデン・オールディーズ・スポーツ・セレブレーション2018でデビューします。

クライストチャーチはスカッシュへの参加に輝かしい歴史を持ち、ニュージーランドの大イベントの最初の開催都市となりました。 引き続きトッププレーヤーを輩出し、市内には素晴らしい施設を持っています。このイベントは35歳以上のグループに素晴らしい参加機会を提供しています。

ゴールデン・オールディーズの試合と同じぐらい重要なのは、ゴールデン・オールディーズ・イベントの理念である「楽しさ、友情、友愛」の精神です。ですから、ゴールデン・オールディーズ・イベントの成功の基盤は、友人、家族、サポーターの皆さんに、選手と同等の気配りをし、皆さんにできるだけ参加していただくことです。

イベントのハイライトとして、フェスティバル開始前のパーティとフェスティバル最後のディナー、週半ばにあるピクニックが大きな注目を浴びます。

クライストチャーチは、この都市にとって最大のスポーツイベントとなった1995年のゴールデン・オールディーズ・ラグビー・フェスティバルの開催地となり、その運営能力を示してきました。これは、1974年のコモンウェルス・ゲームズを上回る結果であったかもしれません。そして、今回は10種目のフェスティバルが開催されることとなり、4週間の驚くべきスポーツイベントとなるでしょう。

ゴールデン・オールディーズのコンセプトは、1979年に最初のラグビー・フェスティバルがオークランドで開催された時に始まり、それから長い年月をかけて広まってきました。 参加種目が増え、一番新しい種目はスカッシュです。世界各国の開催地は、このコンセプトがいかに国際的に広まっているかを示しています。

参加人数は成功の物差しの中心ですが、それと同じぐらい、そこで育まれた世界の様々な場所や立場の人々同士の友情も成功の証です。

スカッシュのアンバサダーは、バリー・ガーディナー氏です。彼は、幅広いスポーツ界でのキャリアの中で、56年間スカッシュをプレーしてきました。彼はニュージーランド・ラグビーリーグの元代表選手、サウス・カンタベリーの代表選手、そしてサウス・アイランドの補欠選手でした。3年間、サウス・カンタベリーのテニスの代表を務め、この州のスカッシュには20年間携わっています。