Ambassador h

アンバサダー

アンバサダー:Dr. セルウィン・マイスター

Dr. セルウィン・マイスターは、1976年のモントリオールオリンピックで、金メダルを獲得したニュージーランド男子ホッケーのメンバーです。

カンタベリーで1965−1980年までカンタベリーの代表選手でニュージーランドチームのキャプテンを1973-74年に務めました。彼は奨学金をとってオックスフォード大学に進み、大学でもプレーし、オリンピックにも3度出場しました。現役を引退したのちは、コーチとなり、2000年のシドニーオリンピックではニュージーランド女子ホッケーチームのアシスタントコーチを務めました。

マイスターはニュージーランド・オリンピアンズ協会の会長を務め、2008年にニュージーラーンドスポーツ特別功労賞を受賞しました。

最近では、ニュージーランド・パラリンピック委員会の委員長に任命されました。

クライストチャーチのメイン施設でホッケー・カンタベリーのホームであるナンウィーク・パークは十分に来場者を収容することができるだろうと彼は言っています。

「とても良い施設で、参加者がホッケーを楽しむために必要なものは全て揃っています。彼らは素晴らしい環境でプレーすることができるでしょう。」

ナンウィーク・パークは3つの人工芝のフィールドと3つの天然芝のフィールドを持っています。

クライストチャーチはホッケーの素晴らしく深い歴史を持っています。南島でのホッケーはカイアポイ、クライストチャーチ、アシュバートン、ティンワルドで始まりました。ホッケーは非常に英国的な伝統で、クライストチャーチの英国式の学校で広まりました。

クライストチャーチは、1989年にオークランドに移るまでは、ニュージーランドのホッケーの組織的中心地でした。男子ホッケーは特に20世紀は非常に強く、有名なホッケー・コーチのシリル・ウォルターの影響が大いにあったためです。